『緑と青の』ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 連濁

<<   作成日時 : 2005/09/01 23:47   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

先日、とあるFM局の番組を聴いていた時、パーソナリティーが「かかあ天下」の事を「かかあてんか」と発音していた。一般に「かかあ天下」は「かかあでんか」と発音される。一応、手元の辞書で調べてみても、「かかあでんか(嚊天下)」とある。「かかあ」と言うのがこの様な漢字を書くと知り少し驚いているが、とにかく、「かかあでんか」と発音するのに間違いは無さそうだ。

さて、ここで少し国語の授業っぽい事を書く。「嚊天下」の様に2つの言葉が複合されて後ろの言葉の最初の音が濁る事を『連濁』と言う。「谷川(たにがわ、たに+かわ)」、「山桜(やまざくら、やま+さくら)」等がその例。原則は「和語」の複合において起きるようだが、「漢語・外来語」でもそれが日本の生活に定着しているものならば、それが起きる。漢語だと「株式」と「会社」を複合した「株式会社(かぶしきがいしゃ)」や「夫婦」と「喧嘩」を複合した「夫婦喧嘩(ふうふげんか)」など、外来語だとポルトガル語が由来の「合羽」に「雨」を付けた「雨合羽」や、「かるた」に「いろは」を付けた「いろはがるた」などがその例。本来なら「かぶしきかいしゃ」、「ふうふけんか」、「あまかっぱ」、「いろはかるた」になるのだが、この場合、「和語」に準じて連濁が起きる。

一方、連濁を起こさない場合は、@先の「漢語・外来語」で日本に定着していない言葉の場合、A後ろの言葉に濁音のある場合、B3つ以上の言葉が複合した場合である要素が後ろの要素(横書きだと右側)と先に結び付いている場合、C前後の要素が並列の関係のある場合、である。一応、例を挙げておく。

@…ガラスケース
A…春風(はるかぜ)、大蜥蜴(おおとかげ)←稀有な例外:縄梯子(なわばしご)
B…紋白蝶(もんちょろちょう)←比較:尾白鷲(おじろわし)
C…草木(くさき)、年月(としつき)

ここで最初の「嚊天下」に戻る。この場合、「天下」は漢語(のはず)だから、本来なら連濁は起きない事になる。しかし、これは日本に入ってきてからかなり時間の経った言葉だから連濁が起きると考えても良さそうだ。ところが、同じ「天下」の付く言葉に「三日天下」がある。パソコンの変換機能だと「みっかでんか」で変換できてしまうが、辞書を見ると「みっかてんか」。このことからすると、「嚊天下」は「かかあてんか」でも良い事になってしまう。今日のところは、「これが日本語の難しさ」と言う事で話を止めておく。

因みに、連濁を調べていて面白いものにぶつかった。それが「山川」。これを「やまかわ」と読むと「山と川」の意味になり、「やまがわ」と読むと「山の中の川」と言う意味になるそうだ。じゃあ、これで…、と考えても先程の答えは出ない。「嚊天下」の方は「嚊の天下」だが、「三日天下」は「三日と天下」ではないから…。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
些細な事かも知れませんが、「株式会社」は「かぶしきかいしゃ」であって、「かぶしきがいしゃ」ではありません。つまり、連濁しません。ご確認をお願いします。
翔太
2005/09/02 00:45
翔太さん、コメントを有り難う御座います。ご指摘を受けた『株式会社』ですが、私の手元の辞書、学研発行の『常用国語辞典』には「かぶしきがいしゃ」と読みがふられています。ネットで提供されている三省堂『大辞林(第二版)』を見ても読みは「かぶしきがいしゃ」となっていました。

「もしかしたら法律用語だと『かぶしきかいしゃ』になるのかも?」と思い、手元にある有斐閣発行の『ポケット六法(平成16年度)』を見てみましたが、読みまでは記載されていない事、そして私の不勉強により確認は出来ませんでした。有名な例で法律用語になると、『競売』も「きょうばい」ではなく「けいばい」と読むので、その様に考えてみたのですが…。

今度、時間を見つけて図書館等で調べてみます。今の所は、一応、専門書の発行をされている出版社の刊行物にこの様に記されていたので、それを信用しておきます。いずれにしても貴重なコメントを有り難う御座いました。
Yellow Magic Carniva...
2005/09/02 13:23
Yellow Magic Carniva さん、
上の詳しいご指摘を読んで不安になり取り敢えず身近の資料に当ってみたところ、どうやら私の方の分が悪そうです。一種の思い込みが災いしたか、これまで「かぶしきかいしゃ」としか耳に入ってこなかったと思ったものですから、あのような間違ったコメントを書き込んでしまいました。大変失礼しました。こうして長年の恥さらしにピリオドを打っていただたこと、有難く思います。
翔太
2005/09/03 01:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
連濁 『緑と青の』ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる