テーマ:

恵方

関東地方では春一番が吹いたと言うのに、「恵方」の話。調べたきっかけは、『高垣彩陽のあしたも晴レルヤ』。立春近くの放送で、恵方に関する○×クイズを行なっていた。その中に、「恵方は四つである」という問いがあった。答えは、○。パーソナリティの高垣彩陽さんも驚いていたが、私も驚いた。 高垣さんは多分、「北北西やや東」のような細かい表現から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

閏九月十三夜月

 昨日(平成26年11月5日)は、閏九月十三日であったそうな。旧暦の「月」は文字通り月の動きに合わせたものなので、その日は九月十三夜月となる。年に二度のそれが見られるのは、171年ぶりとのこと。大変、珍しいことであった。さて、ここで閏月を考えてみた。  閏月とは、太陽暦と太陰暦のずれを解消するものである。月を元にした太陰暦では、太…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月1日

 4月1日放送の『ごぶごぶちゃん☆』で、4月1日生まれの子(人)の学年の話が出ていたね。その話は、以下のリンク先が一番わかり易い。それはそれで、文部科学省は管轄省庁だ。下手に書かないほうが良いので、まずはそれを読んで。あと、生真面目に条文を載せておく。それだけではコピペだけになるので、私なりの感想・意見を加えておく。 http://w…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日の出と日の入りと冬至

 冬至を過ぎて、「日が延びてきたな」と思った。そして、「確か、冬至が最も遅い日の出と、最も早い日の入りではないのだよな」と思った。そこで、調べてみた。  前後のデータが出ているのは2012年のそれまでだから、そこを調べてみた。日の入りの早い時期は、2012年12月5日と6日。ともに、16時28分。実は、この日以降、日の入りは遅くな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月の初めの曜日

 10月1日放送分の『中村繪里子の「ら・ら・ら なかむランド~Love・Laugh・Life」』を聴いていた時のこと、番組パーソナリティの中村繪里子さんと同プロデューサーの植木雄一郎さんの間で以下の会話がなされた。 中村:10月1日ですって。きれいな節目の日ですよ。 植木:そうですね。 中村:この番組が始まった時、だって、2013…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

丑の日

 2013年7月22日は、土用の丑の日。正しくは、夏の土用の丑の日である。土用とは、立春・立夏・立秋・立冬の前日までの18日間のこと。現在は異なる計算方法があるようで、必ずしも18日間とは限らないが、概ね18日間になる。実際、2013年の立秋は8月7日で、夏の土用は7月19日から始まっているので、7月19日から8月6日までの19日間が今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 Twitterで「2月29日は閏年」のような記述を、そう少なくない数で見かけたので、「閏」について簡単に調べてみた。  「漢字のことは、漢和辞典に聞け」と言うことで、手元にある角川書店の『新字源』を引いてみた。漢字のなりたちのところに、「閏月には、王が門の中にいたという古代の儀礼をうつした字だという」とある。インターネットで検索…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

六曜

 Twitterで「六曜」の話をしたので、簡単にまとめてみる。六曜とは、暦注の一つで、先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口の6種を言い、ここに記した順番で繰り返す。但し、毎月1日が、1月と7月は先勝、2月と8月は友引、3月と9月は先負、4月と10月は仏滅、5月と11月は大安、6月と12月は赤口と固定される。よって、旧暦では日付と六曜が固定…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

節分と土用の丑の日

 多くの人が、「今日は節分だ」と言っていると思う。なら、私はひねくれて「今日は土用の丑の日だ」と言ってみる。明日、2月4日は立春。節分は、その前日。土用は、その前日までの18日間。節分も土用も、立春に限った事ではなく、立夏、立秋、そして、立冬でも同じ。尤も、節分は立春、土用は立秋が取り上げられるのが多いのだけど。こんな事を言いながら、今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古稀

 12月8日は、音楽家ジョン・レノンの命日。亡くなったのは、1980(昭和55)年。当時の私は、まだ子供で、洋楽に興味を持っていなかったので、本当に、歴史上の出来事、として捉えている感がある。  さて、ジョン・レノンの生年は1940(昭和15)年。生きていれば70歳で、日本風に言うと『古稀』である。この「古稀」。由来は、杜甫の『曲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

11月3日と広田弘毅

 11月3日は、『文化の日』で国民の祝日である。これは、1948(昭和23)年に公布・施行された『国民の祝日に関する法律』により定められたものである。法律には、「自由と平和を愛し、文化をすすめる」とある。これだけだと分かり難いが、1946(昭和21)年11月3日に日本国憲法が公布されたことに因む。「自由と平和を愛し」の部分にそれが表れて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月の第4週にある祝日

 少しつまらないことを考えた。先日、Twitterで「『ピストン西沢のオールナイトニッポンゴールド』おしまい。来週のゲストは、ケミストリーのお2人。再来週は、綾小路きみまろさん。今年になってから、聴取率調査週間が偶数月の第4週になっている様な気がするから、どちらもそのゲストにはならないと思う。」とさえずった。記憶に間違いがなければ、今年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

9月15日

 9月15日。2003年までは『敬老の日』だった。今は、9月第3月曜日へと変わった。で、それに関係なく、『9月13日』から派生した話を記す。9月13日に『九月十三夜月』を思い出した私は、『8月15日』に『中秋の名月』を思い出さなかったな。それも、そのはず。その頃はとても暑くて、『秋』の欠片もなかったから。ひと月ほど経てば、空気も秋めいて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

9月13日

 『9月13日』と聞いて、「九月十三夜月じゃない」と思ったのだが、それは旧暦での話。良く…考えなくても、『中秋の名月』さえ迎えていない。そこで、旧暦の日付を調べた。今日(2010年9月13日)は、8月6日。旧暦の8月7日が立秋になるのかは分からないが、もし、その様な関係があるのなら、そろそろ空気が秋めいてくるのかもしれない。それはさてお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

重陽

 9月9日は、五節句の一つの『重陽』だった。菊の咲く頃の節句だから、菊の節句とも呼ばれる。…なんて書くと良く知っているように見えるが、花は疎いのでWikipediaからの引用に近い。  陰陽思想では、奇数は陽の数。9月9日は、その陽の数の最大である9が重なっているから、重陽と言われる。…なんて書くと良く知っているように見えるが、暦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8月のオクトーバーフェスト

 DJ TAROさんのTwitterに、「オクトーバーフェストスタート!」と言うのがあった。添付されている写真を見ると、確かにオクトーバーフェストっぽい。これを見て私は「8月なのに何故、オクトーバーフェスト」と思ったのだが、折角だから話の種として使ってみる。  さて、10月を意味する英語、『October』。英語に少し詳しい人なら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土用の丑の日

 時期を外しているけど、『土用の丑の日』の話。今年は、7月26日が土用の丑の日だった。…と言うと、結構な間違いを含む。土用とは、立春、立夏、立秋、立冬の前の約18日間のことを言う。だから、7月26日は『夏の土用の丑の日』となる。今年の立秋は、8月7日。直前の18日間は、7月20日~8月6日。そんな感じである。土用の入りの日は、太陽の動き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3月3日と上巳の節句

 Twitterを見てみると、色々と3月3日の豆知識が披露されていた。個人的には“民放ラジオの日”で行きたいのだが、これは“耳の日”から派生したものなので適当なところで矛を収めておく。さて、今回は多くの人が“ひな祭り”と考えたはずであろう3月3日の話。多分、昨年も同じことを書いていると思うけど…。  3月3日は、桃の節句こと、上巳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬至とクリスマス

 世の中がクリスマスムード一色と言うこともあって、“皆様の”NHKの『気になることば』でも「クリスマス」を取り上げていた。視聴者から「クリスマスとは何か」と言う、実に直球な質問を受け、梅津正樹アナウンサーが答えていた。この質問の答えは、至極、簡単。キリスト(Christ)のミサ(Mass)で、クリスマス(Christmas)。イエス・キ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

敬老の日

 今年の9月は、20日の日曜日から23日の水曜日まで4連休となっている。土曜日がお休みの人は、19日から23日までの5連休となる。この大型連休を一部では「シルバーウィーク」と呼んでいるそうだ。その名の由来は、「敬老の日が含まれているから」ではなく、「5月の大型連休よりは短いので、あちらがゴールデンならこちらはシルバー」と言うものらしい。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二の丑

 7月19日は、「土用の丑の日」だった。が、今年は7月31日も「土用の丑の日」である。これは、「二の丑」と呼ばれるもの。多分、去年もこの話をここに書いたと思う。去年も、7月24日と8月5日が「丑の日」だったから。と言うことで、今年もこの話を取り上げる。  改めて、「土用」の説明をする。「土用」とは、平気法だと立秋の前の18日間、定…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たなばた

 7月18日更新の『方舟休憩室』を聴いていた時のこと。冒頭でパーソナリティの小見川千明さんが「七夕」の話をした。そこで、こんな話。  まず、この番組の説明から。この番組は、アニメ『夏のあらし!』のウェブラジオ番組。キングレコードのスターチャイルドレーベルのサイトで配信されている。放送が終わってからの開始と言うのは明らかにDVDの宣…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

半夏生

 7月1日更新の『Pl@net Sphere』を聴いていた時のこと。4人が「真ん中と言えば?」と言うお題に答えながら、自己紹介をした。戸松遥さんが「彩陽&美奈子」、寿美奈子さんが「白」、高垣彩陽さんが「真ん中バースデー」と答えた後、豊崎愛生さんは言いよどんだ。どうも、寿さんの“画伯ぶり”を十分に発揮した絵がスタジオの真ん中にあり、それを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

13日の金曜日リターンズ

 声優の藤田咲さんのブログ、『藤田咲の電子庭園☆~さっきぃのおはなばたけ~』の3月13日付の記事に『13日の金曜日じゃん。』と言うのが上げられていた。それを見て私は「そんなのは1箇月前から分かっている」とツッコミを入れてしまったのだが、投稿時間が9時51分となっていることから、多分、出かける時にでもカレンダーを見たのだろうと推測している…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雛祭り

 とりあえず、3月3日なので『雛祭り』について調べてみた。  「雛祭り」の起源は、「雛遊び」にある。京の貴族階級の子女が天皇の御所を模した御殿や飾り付けで遊んだ。これを「雛遊び」と呼ぶそうだ。これが武家社会でも行われるようになり、江戸時代には「人形遊び」と結びついて「雛祭り」となっていった。  さて、『雛祭り』は、「桃の節句…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2月29日が生んだ“奇跡の関係”

 2月21日放送の『田村ゆかりのいたずら黒うさぎ』のエンディングで、田村ゆかりさんが「来週は、ゆかりの誕生日ですよ」と言った。以前、彼女はウェブラジオの方で「あと2日遅かったら、2月29日だったのに」と言っていた。彼女の生まれた年は、閏年。永遠の17歳だが、彼女の生まれた年にはミュンヘンオリンピックが行われている。少し世界の違う人だが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京タワーと鉄道の日

 私が大学サッカーを平塚競技場へ見に行っていた12月23日、東京タワーが開業50周年を迎えたそうだ。東京タワーが昭和33(1958)年に建ったのは知っているが、具体的に何月何日となると全く知らなかった。そこで、調べてみた。  東京タワーは、着工が昭和32(1957)年6月29日、竣工が翌33年の10月14日、同12月7日に公開開始…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国際かえる年と十二支

 ちょっと古い話になるが、5月30日配信の『きいちゃって藍蘭島 海龍神社放送局』を聴いていたときのこと。冒頭のフリートークで高橋美佳子さんが「今年は『国際かえる(蛙)年』なんです」と切り出した。すると、千葉紗子さんが「2008年は『国際かえる年』、ネズミ年(子年)なのに」と切り返した。これに対して、高橋美佳子さんが「ネズミ年(は)、日本…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

火曜日の振替休日

 大型連休明けの7日か8日に、都内のパーキングメーターの料金誤徴収のニュースを見た。本来は休日に徴収しない料金を、振替休日だった6日の午前6時から午後7時までの間で誤って徴収していた可能性があると、警視庁交通部が発表した。何とも間抜けな感じに思えるが、ある事が原因でこれが起こったらしい。  平成17年に『国民の祝日に関する法律』が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

接頭辞

 で、細野晴臣氏のラジオ番組、『Daisy Holiday』の中で紹介されていた、『Alec Wilder Octet』。良く分からないけど、多分、八重奏なのだと思う。恐らく、『Alec Wilder and His Octet』と言うのだろう。「多分」とか「恐らく」が多すぎるけど(苦笑)。  一応、辞書で「octet」を調べてみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more