テーマ:言葉

侃侃諤諤と喧喧囂囂

 声優の明坂聡美さんのツイッターに「非難轟々」とあるのを見て、「侃侃諤諤と喧喧囂囂」を思い浮かべた。そして、「分かりやすい形にまとめてみよう」と考えた。まっ、全部がコピー&ペーストなのだけど(笑)。とりあえず、備忘録として記しておく。 【侃侃諤諤(かんかん・がくがく)】 正しいと思うことを堂々と主張するさま。また、盛んに議論する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『才』と『猫』

 録画しておいた、7月6日放送の『気になることば』を見て考えたこと…と言うか、思い出したこと。  この日のテーマは、『才』。一般の人は、年齢を表すものと認識している。これは、『歳』の代用で、元々は意味が違うそうだ。それが、『容積の単位』。業界によって変わってくるそうだが、運送業では一辺を一尺(凡そ30センチ)とした立方体の容積を差…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東方伝聞録

 NHK総合で放送されている『気になることば』で、『Japan』の語源を取り上げていた。『Japan』の元は、マルコ・ポーロの『東方見聞録』の中に出てくる『ジパング』。これは、中国人が『日本国』を『jih-pun-guo』と発音していたのを聞いて、その様に伝えたと言う。ここから英語の『Japan』になった。つまり、『Japan』は中国語…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サースフェー

 まだ、サッカー日本代表はスイスのサースフェー(Saas-Fee)で合宿しているのかな?で、この「サースフェー」、記事によっては「ザースフェー」と記しているところがある。宇都宮徹壱さんのTwitterによると、スイス訛りのドイツ語では『S』が濁らないとのこと。普通のドイツ語では、母音の付く『S』は濁る。だから、そちらを優先するメディアは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鼎談

 Twitterの方では適当にさえずったが、NHK教育で放送されている『スコラ 坂本龍一 音楽の学校』を見ている。まあ、その内容についてはここでは触れず、少し気になった「言葉」を調べてみた。その調査結果みたいなもの。  私の気になった言葉は、「鼎談(ていだん)」。初めて目にする言葉だったので、辞書で調べてみた。新明解国語辞典には、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Polyvalent

 多分、Twitterで見かけたのだと思う。Microsoft Office Word のデータに『ポリバレント』の意味を幾つか記したメモが残っていた。折角なので、それを生かしてみる。  日本では、イヴィツァ・オシム氏が広めた『ポリバレント』。氏の生まれ故郷、ボスニア・ヘルツェゴビナでは一般的なサッカー用語となっているようである。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風の噂?

 Twitterでも呟けるかもしれないが、長くなるかもしれないのでブログに書く。まあ、“揚げ足を取ったもの”なんだけど(笑)。  4月28日の渡辺祐さんのブログを見ると、「風の噂に聞いていたのだけれど」と言う表現があった。「風の噂」。私も、“話し言葉”になると使ってしまう。多分、正用は「風の便り」。「噂」を使いたければ、素直に「噂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボール・オリエンテッド

 唐突に、『ボール・オリエンテッド』が気になったので簡単に調べてみた。これは、その“調査結果”。まあ、「唐突」ではなく、スポーツナビで浦和関係の記事を読んだから、調べてみたのだけど。  検索で「ボール・オリエンテッド」と入れてみると、「良く分からないんだけど…」と言うものを見掛ける。そこで、まずは英語の辞書を見てみた。すると、語源…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラジオの語源

 27日に文化放送で、坂本龍一さんの特別番組、『ラジオのチカラ オンガクのチカラ』が放送された。私は、家に居なかったのでVJ-10でこれを録音し、翌日に阪神対横浜のリアルタイム速報を見ながら聴いた。家に居たら、radiko.jpで聴いていたかもしれない。いや、聴きたかったと言うのが本音である。さて、それを聴いて感心した話。  教授…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャスミン

 3月3日は、民放ラジの日だった。そこで、強引にラジオからブログネタを引っ張ってくる。2日も遅れた話になるけど、真面目にメモをパソコンに残していて、勿体なくなったので記しておく。  当日の昼のラジオでJASMINEの“THIS IS NOT A GAME”と言う曲が掛かった。JASMINEは、日本人の女性シンガーで、公式サイトを見…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

雪崩れてく

 少し前の話になるが、録画しておいた『MJアニソンSP2 完全版』(2月13日放送、NHK‐BS2)を見た。最初に初音ミクが出てきた。挨拶をすると、丸っきり、藤田咲になっていたのは笑えた。その初音ミクは、「君に、胸キュン。-浮気なヴァカンス-」を歌った。当たり前だけど映像も作られていて、踊りの振りがYMOと同じだったことに少しだけ感心し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いざ、甲府へ

 友人がチケットを取り車で連れて行ってくれると言うので、これから、ヴァンフォーレ甲府対湘南ベルマーレの試合を見に甲府へ行ってきます。心配された天気も、どうやら、晴れで収まりそうです(笑)。まあ、試合が天気のようにスッキリとするかどうかは分かりませんが…。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さ入れ言葉

 とあるラジオ番組で、「DVDを見させていただいた」と聴いた。何となく、“変な表現”に思えたので、簡単に考えてみた。  私が“変”に感じたのは、「見させていただいた」の「さ」。個人的には、「見せていただいた」で十分に思える。「見せていただいた」の元の表現は「見せてもらった」で、この「もらった」の部分を丁寧な「いただいた」に変えると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読んで“ちゃぶだい”

 ウェブリーダに登録してある、渡辺祐さんのブログ『MAKE IT FUNKY』に「ちゃぶ台」の話が出ていた。祐さんは、あるイラストレータに影響されて、音だけを聞くと「茶ぶ台」と思ってしまうそうだ。そこで、「ちゃぶ台」の話。  祐さんも載せているが、漢字で書くと「卓袱台」。思いっ切り、難読漢字に出てきそうである。Wikipediaを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ターミナルとステーション

 先日、JR東海道線に乗っていたときのこと。今は、こちらの車両でもドアの上に電光掲示板があり、色々な情報や注意が表示される。その中に、「平塚駅」のことを「Hiratsuka Terminal」と表記しているのを見かけた。乗っていた列車が小田原行きであったので、ターミナルと言うのは違和感を覚えた。そこで、簡単に調べてみた。  英語の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はつまご?ういまご?

 少し前になるが、23日放送の『坂本真綾のビタミンM』を聴いていた時のこと、坂本真綾さんが「はつまご」と言った。  何故か、携帯に「坂本真綾 初孫」とメモだけは入れていた(笑)。坂本真綾さんが紹介したメールに「初孫」とあったと思うのだが、メールの内容は忘れてしまった。さて、個人的にはこれを「ういまご」と読む。念の為、『新明解国語辞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

駄洒落を言うのは誰じゃ?

 9月28日更新の『コンチェルトゲートパーティ』を聴いていたときのこと。パーソナリティの小清水亜美さんと喜多村英梨さんとで、ナゾナゾ対決をした。それを聴いて、「おっ、中々、洒落ているじゃない」と思った。  ナゾナゾの問題は、「表札に『あ』と書かれています。何と読む?」と「表札に『く』と書かれています。なんと読む?」の2つ。答えは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おかしらつき

 9月20日放送の『田村ゆかりのいたずら黒うさぎ』を聴いていたときのこと。先日、放送で田村ゆかりさんが「秋刀魚食べたい」と言ったのに触発されたリスナーからのメールが紹介された。そこに「尾頭付き」とあったようで、ゆかりさんは「びとうつき」と読んだ。構成作家の矢野了平氏から訂正されたようで、直ぐに「これで『おかしら』なの?」と驚きながら訂正…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

間髪を入れず

 9月17日更新の『美佳子@ぱよぱよ』を聴いていたときのこと。番組の構成作家である、うずら氏がパート2の「新人ぱよ」のコーナーで「かんはつをいれず」と言った。これを基にした話。  「間髪をいれず」。意味は、「ほとんど同時に」「間を置くことなく直ぐに」である。意味の方で間違えている人は、少ないだろう。問題は、読み方。私も最近になって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

字幕

 凡そ1週間遅れで、ライブDVD、『POSTYMO』を買った。これは、2008年の6月にロンドンで行われたメルトダウンフェスティバルにYMOが参加したライブの模様を収めたDVDである。音源だけなら昨年の12月に発売された『LONDONYMO -YELLOW MAGIC ORCHESTRA LIVE IN LONDON 15/6 08-』…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女王

 一応、最初の作品からプレーしているので、ドラゴンクエストⅨを買った。ニンテンドーDSも持っていなかったので、それも合わせて買った。好きなことで楽しいこととは言え、意外な出費となった(苦笑)。内容には触れないが、ゲーム画面はスーパーファミコンよりも少し出来が良いと言う感じだろうか。でも、コメントの漢字にルビが振られているのには驚いた。だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 ベルマーレの公式サイトに、菊池大介と古林将太の二人がSBSカップに参加するU‐18日本代表に選ばれたことが載っていた。今年は仙台戦と日程が重なっていることもあって、これを観には行かないと思う。また、昨年は会場が沼津だったから観に行ってきたのだけど、今回は藤枝の方らしいので、それが理由でも見送ることにする。  さて、8月7日更新の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家電、イエデン、電器、電機…

 7月30日放送の『GROOVE LINE』を聴いていたときのこと。ナヴィゲーターのピストン西沢さんが「いえでん…、いえでんの話をする芸能人…?」とメールを読むのに苦労していた。メールに書かれていたと思われる文言は、「家電の話をする芸能人」。この「家電」を「イエデン」と思い込んだ模様。「意外と若いな、ピス兄」と思いながらも、「少し面白い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メソポタミアと河馬

 ベルマーレの試合の前売り券を買うために、近所の書店に行った。その時に、『この一冊で日本史と世界史が面白いほどわかる!』(青春出版社ワンコインブックス)と言う本を見付けて一緒に買った。その本を読んでの話、…と言っても、ほとんど読んでいないのだけど(苦笑)。  読み終えた部分は、先史時代と古代ヨーロッパ。西ローマ帝国がゲルマン人に滅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウズベ・キスタン!

 宇都宮徹壱氏のコラムから、もう一つ話を書いてみる。  スポーツナビウェブに寄稿されている『回避できた苦しみ~日々是最終予選2008-09(タシケント編)』の中に、「老いも若きも『ウズベ・キスタン!』と祖国の名を叫び」とあった。「ウズベキスタンの音節は、『ウズベ』と『キスタン』に分かれるのか?」と思ったのでWikipediaで調べ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラン

 久し振りに、ちょっとした小ネタ。5月6日更新の『Pl@net Sphere』を聴いていた時のこと。豊崎愛生さんが「白いモンブランみたい」と言った。  まず、この番組の説明をしておく。ミュージックレイン所属の4人の声優、寿美菜子、高垣彩陽、戸松遥、豊崎愛生がユニットを組んだ。その名が『Sphere』。このユニットの宣伝のための番組…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

丁字路

 湘南ベルマーレの公式サイトに、16日に馬入ふれあい公園天然芝サッカー場で行われた産業能率大学との練習試合の結果が載っていた。結果は3‐0で湘南ベルマーレの勝利…はどうでも良くて、出場メンバーの『丁』を見て、一瞬だけアルファベットの『T』と読み間違えた。そして、『丁字路』の話を思い出した。  変換を楽にするため、『ていじろ』と打ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海胆・海栗・雲丹…

 唐突に、『ウニ』の話。『ウニ』は、「海胆」「海栗」「雲丹」の3つの漢字表記がある。中々、読めない。でも、漢字表記に違いがあるのなら、意味が違うはず。そこで、それを考えた…って、単にネットで調べただけなのだけど(苦笑)。  「海胆」と「海栗」は、生きている状態のものを指す。「胆」は、その外観が人間の肝臓に似ているから、と考えてよさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

豆富

 ちょっと聴いていた『RENDEZ‐VOUS』で、豆腐の話をしていた。番組で取材したお店では、「豆富」と書くそうだ。多分、「豆が富む」と意味を持たせてのことだろう。これを聴いていて、「そう言えば、以前も『納豆』と『豆腐』の話をここに書いたな…」と思い返していた。  改めて、漢字の話を書いておく。「豆腐は豆を型に納めて作る、納豆は豆…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

にっちもさっちもどうにもブルドック、ヘイ!

 日曜日に、久し振りにココロをクリックしていたら、学校の場面で「ちんぷんかんぷんです」と言った。このコメント自体は以前から知っていたが、急に「どんな漢字を書いて、どんな由来を持っているんだ?」と疑問に思って、簡単に調べてみた。  三省堂の辞書だと、『珍紛漢紛』。このほかにも、『珍糞漢糞』、『陳奮翰奮』などあるそうだ。「ちんぷんかん…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more