テーマ:サッカー

タスクの整理

 ハビエル・アギーレ監督の日本代表の試合を2試合、テレビで観戦した。素直な感想は、「選手のタスクが整理されていないかな?」である。でも、これは時間を掛ければ解消できる。しかし、ボールを持たれている時の選手の位置には少し疑問がある。  アルベルト・ザッケローニは、4-4-2フラットな感じにして、前の2人(多くはワントップの選手と本田…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

交代枠

 ツイッターで「延長戦になったら、交代人数を自由にすれば良いのに」と見掛けた。私自身は、「延長戦になったら、もう1人交代できるようにはすれば良いのに」とは思っている。それはさておき、フットボールにおける選手交代の歴史を改めて調べてみた。……と言っても、WikipediaとJFA(日本サッカー協会)のサイトから引用するだけだが。その結果は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベロ・オリゾンテ

 ブラジルで行われているコンフェデレーションズカップの試合会場で、「ベロ・オリゾンテ」がある。日本代表も、グループリーグの3試合目、メキシコ戦で試合をした。このベロ・オリゾンテ、「美しい地平線」と言う意味があるそうだ。スペルは、「Belo Horizonte」。多分、「Belo」が美しい、「Horizonte」が地平線であろう。これを見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遠藤保仁と言う武器:日本代表対ラトビア代表@ホムスタ神戸

 2月6日にホームズスタジアム神戸で行われたキリンチャレンジカップ2013、日本代表対ラトビア代表をテレビ中継で見た。その感想みたいなもの。日本代表の先発は、GK川島永嗣、DF内田篤人、吉田麻也、今野泰幸、長友佑都、MF長谷部誠、細貝萌、清武弘嗣、香川真司、岡崎慎司、FW本田圭祐。選手の並びは、フジテレビでは4‐2‐3‐1、スポーツナビ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大勝も喜び半分:サウジアラビア対日本@ドーハ

 1月17日に行われたAFCアジアカップカタール2011のサウジアラビア対日本の試合をテレビで観戦した。その感想みたいなもの。  日本の先発は、GK西川周作、DF内田篤人、今野泰幸、吉田麻也、長友佑都、MF長谷部誠、遠藤保仁、岡崎慎司、柏木陽介、香川真司、FW前田遼一。日本の控えとサウジアラビアの選手は、割愛する。怪我の本田圭佑と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『盛り返す力』:シリア対日本@ドーハ

 アジアカップカタール2011のシリア対日本の試合をテレビで観戦した。その感想を簡単に記しておく。  日本の先発は、GK川島永嗣、DF内田篤人、今野泰幸、吉田麻也、長友佑都、MF長谷部誠、遠藤保仁、松井大輔、本田圭佑、香川真司、FW前田遼一。日本の控えとシリアのメンバーは、割愛する。日本の布陣は、4-2-3-1。  この日の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

焦りの中で…:日本対ヨルダン@ドーハ

 1月9日にカタールのドーハで行われたアジアカップカタール2011グループB第1節、日本対ヨルダンの試合をテレビ観戦した。その感想みたいなもの。  日本の先発は、GK川島永嗣、DF内田篤人、今野泰幸、吉田麻也、長友佑都、MF長谷部誠、遠藤保仁、松井大輔、本田圭佑、香川真司、FW前田遼一。日本の控えとヨルダンの選手は、割愛する。日本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『誤審』の裏に追いやられたもの:ドイツ対イングランド@ブルームフォンテーン

 しっかりとテレビ中継を見ていたので、ワールドカップ南アフリカ大会決勝トーナメント1回戦、ドイツ対イングランドの試合の感想を記しておく。  前半から、ドイツが強烈な意志を見せて、20分にミロスラフ・クローゼ、32分にルーカス・ポドルスキーのゴールで2点をリードした。クローゼはゴールキックからのもの、ポドルスキーは右サイドから崩しに…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

足元を見つめた先にある勝利:デンマーク対日本@ルステンブルク

 6月24日(日本時間では25日未明)に行われた、ワールドカップ南アフリカ大会グループE、デンマーク対日本の試合をテレビで観戦した。その感想みたいなもの。  デンマークの先発は、GKトーマス・セーレンセン、DFダニエル・アッゲル、ラルス・ヤコブセン、ベル・クロルドルップ、シモン・ポウルセン、MFクリスティアン・ポウルセン、マルティ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴールを奪おうとする『意志』の差:オランダ対日本@ダーバン(2010年6月19日、TV観戦)

 ワールドカップ南アフリカ大会、グループE、オランダ対日本の試合をテレビで観戦した。民放への配慮を欠いたNHK-BSで視聴した。尤も、こちらを選んだのは「CMがないから」ではなく、「アナウンサーの質が高いから」である。スカパーでは反町康治監督(湘南)やイビツァ・オシム氏の解説があるが、契約をしていないから最初から選択肢に入ってこない。そ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

怯えた虎

 TwilogによるTwitterの写しが増え、ブログペットのR‐09が変な投稿をしたので、簡単に、アルゼンチン対韓国の試合について触れておこうかと思う。まあ、試合の最後の方を見ていないのだけど…。  試合の結果は、4-1でアルゼンチンの勝利。韓国は、力の差をまざまざと見せつけられた。そんなところで間違いないと思う。でも、私は「何…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「楽をしなかった」先にある勝利

 6月14日に南アフリカ・ブルームフォンテーンで行われた、ワールドカップ南アフリカ大会グループリーグE、日本対カメルーンの試合をNHK総合のテレビ中継で見た。その感想。  出場メンバーと試合経過は省略する。気になる人は、ここを見てもらう。この日の日本は、最前線の中央に本田圭佑、右に松井大輔、左に大久保嘉人を配した。守備に難のある本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガブリエル・エインセ

 唐突だが、アルゼンチン代表ディフェンダー、ガブリエル・エインセの話。ユニフォームに彼の名前が記される場合、『HEINZE』となる。これを見る度に私は、「ハインツ(Heinz)みたい」と思っていた。で、彼の事をWikipediaで調べてみると、「ヴォルガ・ドイツ人の血を引く」とある。ヴォルガ・ドイツ人とは、ロシア皇帝時代にロシアに移民し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サッカー日本代表に対する”空想”

 感想は書かないつもりだったが、適当に考えてしまったので、記事にしてみる。4日にスイスのシオンで行われた日本代表対コートジボアール代表の国際Aマッチは、0-2で日本代表の敗戦に終わった。直前の親善試合で、ディディエ・ドログバと今野泰幸が負傷し、私に限らず、“残念な気持ち”になっている人も多いと思う。その気持ちを抑えて、“ポジティブ”と言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タスクの整理とその先の意思統一:日本対イングランド@グラーツ(2010年5月30日、TV観戦)

 5月30日にグラーツ(オーストリア)で行われた親善試合、サッカー日本代表対イングランド代表の感想みたいなもの。勿論、テレビ観戦。  日本代表の先発は、GK川島永嗣、DF今野泰幸、中澤佑二、田中マルクス闘莉王、長友佑都、MF阿部勇樹、長谷部誠、遠藤保仁、FW本田圭佑、岡崎慎司、大久保嘉人。イングランド代表の先発は、GKデイヴィット…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボールを奪おうとする意思の差:日本対韓国@埼スタ(2010年5月24日、TV観戦)

 キリンチャレンジカップ、日本代表対韓国代表の試合をテレビで観戦した。その感想みたいなもの。  細かい事は省略する。韓国代表は、立ち上がりから“殺人的ペース”によるプレスで日本代表を圧倒する。そして、前半6分にパク・チソン、後半45分+1にPKでゴールを奪われ、0-2で日本代表が負けた。個人的には、「そんなペースは最後まで持つはず…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

強者の『守備意識』:バイエルン・ミュンヘン対インテル@ベルナベウ(2010年5月22日、TV観戦)

 「私はオシムさんのように最前線に居る必要はないから、生には拘らない」と言いながら、結局、チャンピオンズリーグの決勝戦を生中継で見てしまった。そう言う事で、バイエルン・ミュンヘン対インテルの試合の感想を簡単に記してみる。  試合は、前半35分と後半25分にディエゴ・ミリート(アルゼンチン)のゴールでインテルが2点を挙げ、そのまま0…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Polyvalent

 多分、Twitterで見かけたのだと思う。Microsoft Office Word のデータに『ポリバレント』の意味を幾つか記したメモが残っていた。折角なので、それを生かしてみる。  日本では、イヴィツァ・オシム氏が広めた『ポリバレント』。氏の生まれ故郷、ボスニア・ヘルツェゴビナでは一般的なサッカー用語となっているようである。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

23人の侍

 2010ワールドカップ南アフリカ大会の日本代表の選手が発表された。特に強く“予想”などは考えていなかったが、「矢野貴章か森本貴幸のどちらかは入れた方が面白いのでは?」とは考えていただけに、2人が選出されたのは素直に驚いた。そのメンバー表を見て、その感想を記してみる。  ゴールキーパーは、3人。楢崎誠剛(名古屋)、川島永嗣(川崎)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボール・オリエンテッド

 唐突に、『ボール・オリエンテッド』が気になったので簡単に調べてみた。これは、その“調査結果”。まあ、「唐突」ではなく、スポーツナビで浦和関係の記事を読んだから、調べてみたのだけど。  検索で「ボール・オリエンテッド」と入れてみると、「良く分からないんだけど…」と言うものを見掛ける。そこで、まずは英語の辞書を見てみた。すると、語源…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランスと日本

 先日、映画監督の北野武氏がフランスの芸術文化勲章の最高位にあたる「コマンドール」章を受章した、と報じられていた。フランスで日本のアニメーションが人気になっていることと合わせると、「フランスも、随分、日本が好きだな」と思う。さて、このフランス代表が、3日にホームでスペイン代表と対戦した。この「代表」は、「サッカー代表」のこと。結果は、0…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トリックPK

 ニュースは昨日(9日)のものになるが、少し確認したいことがあって時間を置いて取り上げてみる。6日に行われたJ1リーグ公式戦第1節、サンフレッチェ広島対清水エスパルスの試合で、前半3分にあったトリックPKがルール違反であると判断された。試合そのものは成立している為、得点は取り消されない。また、主審には今後のJリーグの試合を割り当てず、研…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シュートを撃つときのイメージと繰り返す力:日本対バーレーン@豊田スタジアム

 豊田スタジアムで行われた、アジアカップ最終予選、日本代表対バーレーン代表の試合をテレビで見た。その感想みたいなもの。  日本代表のスタメンは、GK楢崎正剛、DF内田篤人、中澤佑二、田中マルクス闘莉王、長友佑都、MF長谷部誠、遠藤保仁、中村俊輔、本田圭佑、松井大輔、FW岡崎慎司。サブが、GK川島永嗣、DF駒野友一、MF阿部勇樹、今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

酷い試合…:日本対韓国@国立(2010年2月14日)

 国立霞ヶ丘競技場で行われた、サッカー東アジア選手権の日本対韓国の試合をテレビ中継で見た。試合終了後、あまりにも頭に来ていたので録画しておいた『太一・ケンタロウの男子ごはん』を見て気分を落ち着けた。それでも、熱く何かをここに書こうと思ったが、Twitterを見ると同じような人が沢山いたので、何時もの私らしく冷静に感想を書いてみようと思う…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

正しい形にしただけ…:日本対香港@国立(2010年2月11日)

 11日に国立霞ヶ丘競技場で行われた、東アジアサッカー選手権の日本男子代表対香港男子代表の試合をテレビ中継で見た。その感想みたいなもの…。  日本代表のスターティングメンバーは、GK楢崎正剛、DF内田篤人、田中マルクス闘莉王、中澤佑二、駒野友一、MF今野泰幸、遠藤保仁、中村憲剛、小笠原満男、大久保嘉人、FW玉田圭司。布陣は、一応、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

役割が得点を呼ぶ:日本対中国@味スタ

 東アジアサッカー選手権の日本男子代表対中国男子代表の試合をテレビで見た。結果は、0‐0の引き分け。その感想みたいなもの。  日本のスタメンは、GK楢崎正剛、DF内田篤人、田中マルクス闘莉王、中澤佑二、長友佑都、MF中村憲剛、遠藤保仁、稲本潤一、大久保嘉人、FW岡崎慎司、玉田圭司。テレビ局は、大久保がMF登録と言うこともあって中盤…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

工夫がなく、臭いもない試合:日本代表対ベネズエラ代表@九石ドーム

 一応、テレビ中継を見たので、この話。九州石油ドームで行われたキリンチャレンジカップ、日本代表対ベネズエラ代表の試合は、0-0の引き分けに終わった。オフ明けの最初の試合ということで、「多分、モヤモヤした試合になるだろうな」と思っていたが、案の定、その様になってしまった。尤も、私は村松大輔が怪我によってまたしても代表から離脱してしまったの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サルバドール・カバニャス

 物騒な記事を目にした。パラグアイ代表フォワードがメキシコ市内で頭部を銃撃されて重体になっているという。私がこれを見たのは昼過ぎで、その時は「サッカー賭博か何かに絡んだもの?」と思ってしまった。銃を撃った被疑者は拘束されているものの、犯行動機は不明とのこと。何とも、不運としか言いようのない感じである。  このニュースを聞いて思い出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アフリカネーションズカップ

 ウェブリリーダのスポーツニュースのところに、アフリカネーションズカップの試合結果がよく出てくる。私は、大会前にトーゴ代表の乗ったバスが襲撃され、トーゴ代表が出場を辞退したことで、この大会が催されていることを知っていたが、特に気にするところはなかった。これらの記事を見て、「何故、この時期にこの大会が開催出来るのか」と考えたときにあること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

村松大輔の持っているもの

 湘南ベルマーレの公式サイトでも発表されていたが、1月25日から鹿児島県指宿市で行われるサッカー日本代表合宿に村松大輔選手が招集された。6日に行われたイエメン戦での代表から選ばれた選手は、この村松大輔と金崎夢生、平山相太、西川周作の4人のみ。平山相太は3得点、他の2人も試合に出ているが、村松大輔が途中で離脱。この様な状況で村松が招集され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more