試合を決めたファール

 久し振りに、横浜ベイスターズの話(笑)。6月21日に横浜スタジアムで行われた横浜ベイスターズ対埼玉西武ライオンズの試合は、5‐4で横浜ベイスターズのサヨナラ勝ち。ハマの主砲、村田修一三塁手の2本の本塁打でサヨナラ勝ちを収めた。でも、裏のヒーローは内川聖一一塁手だったと思う。

 8回裏、横浜の攻撃は1番の金城龍彦中堅手から。この金城は三ゴロ、2番仁志敏久二塁手が左翼前安打で一死一塁。ここで迎えるのは、3番内川聖一一塁手。結果としては、この内川聖一が四球を選んで村田修一三塁手が3点本塁打を放つ訳だが、この内川聖一一塁手の5球目のファールが勝負を分けた。

 Yahoo!プロ野球を見ると特殊球となっているが、私にはスライダーに見えた。この日の埼玉西武の先発、帆足和幸投手は、右打者に対しては食い込んでいく、左打者には逃げていく、このスライダーを上手く使っていた。この時の内川聖一一塁手に対しても、これを軸に攻めていた。初球に内角低目、2球目に内角真ん中にこれを投げて、1ストライク1ボール。3球目と4球目は同じ様なところにストレートを投げてボールとファールで2ストライク2ボール。ここで、帆足投手は決め球であるスライダーを内角低目に投げる。内川聖一一塁手は、これをハッキリと三塁線に切れるファールを放つ。しかし、私は帆足投手が投げ、内川聖一一塁手が反応した時点で「巧い!」と叫んでしまった。2ストライクと追い込まれていた為、内川聖一一塁手はストレートにタイミングを合わせて変化球に対応する姿勢で臨んでいたはず。そして、帆足投手の投げたスライダーはタイミングを外すもの。しかし、内川聖一一塁手は軸をぶらす事無く、三塁線へ強い打球を放った。ここで、西武バッテリーは外角へ2球ほどストレートを投げる。2球目のストレートで「内川聖一が打ちに行かなければ、アウトにならない」と思った。案の定、8球目にスライダーを内角低目に投げるも完全なボールで内川聖一一塁手を歩かせた。

 ファールを打たれた直後の6球目にストレートを投げるのは正解だと思う。しかし、もう1球、ストレートを投げた時点で内川聖一一塁手が上に立った。自信を持って投げたスライダーが完璧に捉えられた。それでも、自信を持っていれば、1球を挟んでもう一回投げられたはず。ところが、西武バッテリーはもう1球ストレートを選択した。この時点で、マウンドの帆足投手は決め球であるスライダーが投げられなくなっていたのである。ただ、現象だけを見れば「念には念を入れて配球した」とも見えたが、「ああ、スライダーが投げられなくなっているのだな」とも見えた。そして、8球目にクソボールを投げた。

 これを村田修一三塁手が見逃すはずが無い。試合後のヒーローインタビューでは「前の打席に同じ様な状況でストレートでやられた。もう、ストレートは無いと思って狙って行きました」と言っていたが、「ボールを置きに来る」と判断して外角のチェンジアップを右翼席に叩き込んだのだと思う。全ては、内川聖一のファールが帆足和幸をビビらせていた事による。だから、陰のヒーローは内川聖一だと思っている。

 最後の打席の本塁打は、良くやったとしか言い様が無い。そして、これは直前の仁志、内川の打撃ミスを救った。特に、仁志は救われたと思う。出る打撃に徹するべきであったのに「俺がサヨナラ本塁打を打つ」みたいな打撃をしたから。内川の方も、ほぼ同じ。ともに、「甘い球が来た」と思ったのだろうが、二人ともセンター返しが下手な打者ではない。だから、不満は残った。しかし、それも村田修一の一発で吹き飛んだ。まあ、内川聖一のほうは8回裏の村田の本塁打を呼んだから、これは帳消し(笑)。

 まあ、これだけ負けの込んでいるチームだから、とりあえず褒めておかないと。何にしても、連勝は良い事だ(笑)。そして、この日のヒーローは内川聖一である。

"試合を決めたファール" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント