ウインドシールド

 神田明神の初詣の帰りに秋葉原のヨドバシカメラに行った。相変わらず、4階のオーディオコーナーにしか行かなかったけど(笑)。そこで、先ずは目的にしていたS‐VHSビデオテープを購入し、他のコーナーを見て回った。

 昨年、あれだけ買ったにも関わらず、ZEN Vision:M用のヘッドフォンやイヤフォンを見に、そのコーナーへと足を運んだ。SHUREのE2cはコードの取り回しが難しいので、品揃えの良いここに来るとどうしても見てしまう。それなりの値段になってしまうが、やはり、BOSEのオン・イヤー・ヘッドフォンは良い。柔らかなイヤーパッドを耳に付ける感じで側圧も適度で付け心地は抜群である。ただ、音は少しこもった様な感じになっていたが…。ポータブルオーディオプレーヤー用のヘッドフォンとしては秀逸だと思う。まっ、値段が凄いけど(笑)。

 とは言え、結局のところ、E2cの遮音性に満足している私は、特にこれの商品を手にする事無く、他のコーナーへと行った。行った先は、録音機。何処が火付け役になったのかは意見の分かれるところだが、恐らく、ROLANDのR-09が火付け役となって、様々な音響メーカーから録音機が発売されている。特に、このヨドバシカメラはその辺の品揃えが良い。そこで、R-09用のウインドシールドが売られていた。夏の新商品発表会に出されていたもの。ただ、ROLANDのホームページでは、一向に部品として表示されていなかったので、製品化が遅れているのだとばかり思っていた。まさか、出ていたとは…。

 と言う事で、取るものも取りあえず、これを購入した。…のだけど、これがまた微妙な部品である。R-09のトップ(ラインインジャックとマイクジャックのある部分)にストラップホールがある。そこにウインドシールドのパーツを取り付ける様になっている。でも、この取り付けに苦労する。カバー&スタンドセットのカバーの上から被せるので、どうしても、取り付け部分が見えなくなり、指先の感覚に頼った“勘”で取り付けなければならない。慣れるまでに相当な時間が掛かりそうだ。

 試行錯誤の上、取り付けに成功し、マイクの具合を調べてみた。秋葉原駅の構内で風の無い状態だったから何の参考にもならないが、モニターを聴いた感じでは、特に高音部が削られる、と言う事は無かった。風に対しては、それなりの効果はあると思う、多分(苦笑)。ただ、三脚が壊れてしまい、代わりのものを持っていなかったので、録音そのものは試してないから、本当に何とも言えない。

 実に、中途半端だが、ファーストインプレッションをまとめてみた。正直、私の場合はBME-200との組み合わせで使っているし、ポイントの音を録るのならCS-15を使うから、あまり役に立たないかもしれない。本当に、微妙な部品である。

"ウインドシールド" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント