ご飯をよそう

 3月7日放送の『みかこしのラジこし』の録音を聴いていた時のこと、以前の放送でもパーソナリティの小松未可子さんが「よそう」と「よそおう」で迷っていたが、この日の放送でも迷っていた。そこで簡単に調べてみた。

 小松未可子さんが迷っていたのは、「ご飯を器に」の後にくる動詞。ウェブ検索をしてみると、「よそう(装う)」と「盛る」のどちらが正しいのですかと言う疑問を見かける。しかし、小松未可子さんは「よそう」と「よそおう」で迷った。漢字にすると、どちらも「装う」。語源は服装の「よそおう」と同じで、「整える」の意味がある。誤解を恐れずに言えば、ご飯を整えれば「よそう」、服装を整えれば「よそおう」になる。ただ、「どちらが先か」となると、簡単にしか調べていないので分からない。NHK放送文化研究所の「よそう」の記事には、「よそう」を食事に使うようになったのは10世紀ごろからとある。この表現だと、服装のほうが先で食事のほうがあとかもしれない。

 私は、「ご飯をよそう」と使っている。語源が同じなら、「よそおう」と悩む人もいるだろう。あと、「よそる」と言う人もいると思うが、一応、これは正しくない。とは言え、NHK放送文化研究所の同じ記事に「100年以上前の辞書にはすでに載っており、現代では「よそる」が誤った言い方だとはもはや言えないでしょう」と記されている。まあ、そんな調査結果を簡単に記しておく。

【参考・引用元】
http://www.nhk.or.jp/bunken/summary/kotoba/term/070.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック