廿

『高橋美佳子の の~ぷらんでいこう♪』の6月25日放送を聴いていた(見ていた)ときのこと、パーソナリティの高橋美佳子さんが「廿日市」を読めなかったことを話していた。私はツイッターで、「檜山修之さんは、広島県廿日市市出身とのこと。で、美佳子さんは『廿日市』が読めなかった模様。『十』に一画足して、『廿(にじゅう)』。だから、『廿日市(はつかいち)』。丗は『さんじゅう』ね。 #agqr #no_plan」とさえずった(原文は『』を「」、後に一画を二画に訂正した)。改めて調べてみた。廿は、十を横に2つ並べたもの。丗は、十を3つ並べたもの。紀元1世紀に作られた『説文解字』と言う字書にも載っているほど古い文字のようだ。市名の「廿日市」は恐らく20日に開かれる市場から来るものだろうと思ったのだが、こちらも調べてみると少し異なる模様。まあ、「毎月ではない」と言う感じ。この辺は足を突っ込むと大変になるので、ここでやめておく。一応、これを書くのに参考にしたサイトのURLを貼っておく。気が向いた人には、そちらを読んでもらうことにしよう。ともにトップページのそれを貼っておく。素直に「廿 由来」と「廿日市 由来」で検索したほうがこれらの中の該当ページにヒットするとは思う。


【参考文献】
「漢字Q&A」
http://www.taishukan.co.jp/kanji/qa_top.html

「はつかいち」
http://www2u.biglobe.ne.jp/~n-fuji/index.htm

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック