台風の番号と名前

 台風6号は、『マーゴン』と言う名前が付けられている。私は、この名前に聞き覚えがあった。そこで、気象庁のホームページで「台風の名前」について調べてみた。丁寧に、「台風の番号と名前」と言うページがあった。まあ、そこからの抜粋になる。

 まず、番号。毎年1月1日以降に最も早く発生した台風に『1号』が付けられる。以後、順繰りに番号が振られていく。発生した台風が「熱帯低気圧」なって、再び、台風になった場合は、同じ番号を付ける。こんなルールを設けているそうだ。

 次は、名前。従来、台風には英名(人名)を付けていたが、台風委員会【注】は、2000(平成12)年から、北西太平洋または南シナ海の領域で発生する台風には同領域内で用いられている固有の名前をつけることにした。名前は140個が用意され、2000年の第1号にカンボジアの「ダムレイ」(意味は「象」)が付けられた。以後、140個の名前が繰り返し振られる訳だが、大きな災害をもたらした台風には、台風委員会加盟国からの要請を受けて、同じ名前を付けないこともある。また、東経180度より東など地域で発生した台風は、各領域で付けられた名前が用いられる為、台風委員会が用意した名前とは別になることもある。

 こんなところが、抜粋と言うか要約。多分、原文を見てもらったほうが分かりやすいだろう。原文も、長くはないから。そう言う事で、簡単な研究発表はおしまい。なお、『マーゴン』は香港による名前で、「馬の鞍」と言う意味を持つ山の名前から来ているそうだ。

【気象庁HP~台風の番号と名前】
http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/typhoon/1-5.html

【注】
 北西太平洋または南シナ海で発生する台風防災に関する各国の政府間組織で、インドネシア、中国、朝鮮民主主義人民共和国、香港、日本、ラオス、マカオ、マレーシア、ミクロネシア、フィリピン、韓国、タイ、アメリカ合衆国、ベトナムの14の国と地域が加盟している(順番は、名前の表の通り)。

この記事へのコメント

Solomon1994
2012年10月07日 05:05
印象的な共有、私はちょうどこの上に少し分析をしていた同僚にこれを与えられた。私は彼のためにそれを見つけたので、彼は実際に私に朝食を買いました。だから私はことを言い替えるう:御馳走のためにありがとう!しかし、これを議論するために時間を費やしてくれてありがとう、私はそれについて強く感じ、このトピックに関する詳細を読んで大好きです。可能であれば、専門知識になると、より多くの詳細をあなたのフォーラムを更新していただけませんか?それは私にとって非常に便利です。このフォーラムの投稿のための大きな親指アップ!よろしく

この記事へのトラックバック