全てはボールを奪うことから始まる:湘南対磐田@平塚(2010年4月10日、TV観戦)

 10日に平塚競技場で行われたJ1公式戦第6節、湘南ベルマーレ対ジュビロ磐田の試合をテレビで観戦した。食い入るように見ていたわけではなかったが、それなりの“印象”を記しておく。

 まず、スコアが0-0であったことからも分かるように、湘南・磐田ともに攻めが遅かったように見えた。湘南は、強力な駒を持っているわけではないし、その事から「皆で攻める」と割り切っているから、仕方ない。しかし、磐田には前田遼一とイ・グノと言う強力な駒が居るから、「磐田の方に大きな問題がある」と見える。しかし、反町監督の発言から、この2人を抑えることを軸にして磐田の攻撃を遅らせる事に成功していたと言えそうだから、湘南の“守備意識の高揚”を素直に褒めてよいのかもしれない。また、湘南の選手たちからは「相手からボールを奪うぞ」と言う意志も感じられた。これまでの試合は、「点を取りに行って上手く行かなかったら、とりあえず相手に点を与えない時間を増やそう」と言う感じで試合を行っていた。これによって、強いチームに余裕を持たせてしまっていた。磐田との試合では、それが改善されていたように見えた。その姿勢も磐田の攻めが遅くなった理由ではないかと、実際に見てもいないのに、推測している。

 それでも、得点の無かったことは「上手くいかなかった事」として捉えなければならない。シュート数そのものは磐田よりも多く、シュートで終わる攻撃も多かったようである。しかし、フィニッシュの時のクリエイティビティの貧困さでゴールを決められなかった。反町監督の発言からは、その様に推測できる。その点は、監督も認めているように、「これまでも上手く出来なかったこと」であり、変に嘆いても意味がない。それよりも、時間が進むに連れて湘南の攻撃が減っていったように感じられたことが問題である。本当に減ったのかどうかは分からないが、特に盛り上がることなく、気が付くと試合が終わっていたように感じられたので、多分、この感覚に間違いは無いと思う。巧かろうが拙かろうが、その意志の強弱でゴールの決まる確率は変わると思う。結果としての0点よりも、それを強く感じられなかったことが不満である。こちらもまた、実際に見ていないのに、ではあるのだけど。

 「相手からボールを奪う」と言う意志は、強く出せるようになった。次は、「奪ったボールを相手ゴールに叩き込む」と言う意志を強く出すようにする。単純に「その段階に来た」とは言えないが、今の湘南にはそれを求めた方が良い。昨年とは相手が違うし、レベルも違う。しかし、サッカーは「相手からボールを奪って、そのボールを相手ゴールに入れようとする」ことの繰り返しである。回数の多少や方法の違いはあるけれど、軸はそこにある。結果にはモヤモヤしているが、「ボールを奪うことから始めようとする姿勢」を見せたことを喜んでおく。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック