今季初勝利:阪神対横浜@京セラ

 日刊スポーツのリアルタイム速報で試合の模様を確認した、阪神対横浜第3回戦の感想みたいなものを記してみる。

 横浜の先発は、藤江均。阪神の先発は、下柳剛。先発がキチンと読めていた横浜ベンチは、アナライジングベースボールで、1番に内川聖一一塁手、3番に金城龍彦中堅手を起用し、石川雄洋遊撃手を2番、吉村裕基右翼手を6番、ホセ・カスティーヨ二塁手を7番、橋本将捕手を8番と打順を変えた。野手で打順の変わっていなかったのは、4番の村田修一三塁手と5番のターメル・スレッジ左翼手の2人だけ。これが奏功して、3回表に金城龍彦中堅手の安打を足掛かりに3安打集中で2点を奪う。

 先発の藤江均は、5回1/3を投げて、桜井広大右翼手の本塁打による1点に抑えた。この本塁打は、得点の直後の3回裏に打たれたもの。先頭のクレイグ・ブラゼル一塁手を抑えていたもの、この本塁打で阪神に変な勢いが付きそうなのと、横浜にそれまでの2試合の悪いイメージが出てくることで試合をひっくり返されるかと私は思っていた。この1点だけに抑えたことで、最初の山は切り抜けた。

 2つ目の山は、6回裏。藤江投手が、先頭のマット・マートン中堅手を安打で出し、平野恵一二塁手の犠打で一死二塁のピンチを迎える。ここで横浜ベンチは、高宮和也投手をマウンドに送る。この高宮和也投手が、「私の期待」を裏切る好投を見せた。3番鳥谷敬遊撃手を見逃し三振、4番金本知憲左翼手を左飛に抑えて、このピンチを乗り切った。この様な場面でこの様な結果を増やしていけると、高宮和也も戦力として計算できるブルペン投手となる。でも、この段階では「嬉しい誤算」だった。あまりにも失礼な話だけど。

 横浜の3点目は、またしても金城龍彦中堅手がその足掛かりを作った。石川雄洋遊撃手が二ゴロで倒れた後、金城龍彦中堅手が中越二塁打で出塁する。村田修一三塁手が敬遠、ターメル・スレッジ左翼手が四球で一死満塁。続く吉村裕基右翼手の右飛で金城龍彦中堅手が生還。貴重な追加点を挙げた。吉村裕基右翼手は、先発の下柳剛投手には相性が良かったから6番に起用されていたとの事。この時の相手は、久保田智之投手。対戦成績を知らないが、多分、「良く打った」と言える感じだと思う。最初の二打席で二塁打、四球と結果を残して、それなりに良い感じで打席に入れていたのではないかと思う。後は、誰が相手でも6番には入るようになって欲しい。

 7回裏に真田裕貴がクレイグ・ブラゼル一塁手に本塁打を浴びて1点差に詰め寄られた。「またか…」と思ったが、続く桜井広大右翼手に安打を打たれながらも、この1点に抑えた。そして、8回を牛田茂樹、9回を山口俊が0点に抑えて、横浜が2‐3(ホームが左側)で逃げ切った。個人的には、牛田茂樹が「勝利の形」に入って来そうな事が嬉しい。持っている球種からすれば抑えでも良さそうだが、ここ数年、体を壊していた事を考えると、まずはセットアッパーで自信をつける事が良い。この形を多く見せてくれる事を願う。

 この試合は、良い試合だったと思う。尾花監督の狙っていた試合を選手たちが体現できたから。選手たちが監督に不信感を持っていたとは思わないが、負けが続くと疑わないとも限らない。それを考えると、一つ目の勝利を挙げたことは大きい。少なくとも、負の連鎖に陥っていくことはないだろう。一つ「形」を作って、それを自信にする。今の横浜ベイスターズに必要なことは、それだと思う。その一つ目が出来た事を素直に喜んでおく。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック