ベンチのミス:阪神対横浜@京セラ(2010年3月27日、スコア回顧)

 さて、今度は阪神タイガース対横浜ベイスターズの第2回戦。こちらは、スコアでの回顧になる。

 試合展開は、6回表に横浜が2点を取って先制している。スコアを見ると、1番石川雄洋遊撃手が中越二塁打で出塁し、阪神先発の上園啓史投手のボークで3塁へ進み、2番早川大輔中堅手の四球で無死一塁三塁になる。3番内川聖一一塁手の犠飛で1点、続く4番の村田修一三塁手の左中間二塁打で2点目を取っている。上位打線の活躍と相手のミスに突いた、とても良い点の取り方だと思う。

 しかし、先発の寺原早人投手がよろしくない投球を見せた模様。6回裏、先頭の代打狩野恵輔捕手を自らの失策で出塁させ、1番マートン中堅手に左中間二塁打を打たれて1点を取られ、2番平野恵一二塁手の犠打で一死三塁となった後、3番鳥谷敬遊撃手に右中間二塁打を打たれて2点目、4番金本知憲左翼手に中堅へ犠飛を打たれて3点目を取られて逆転される。スコアだけを見ると、勝ちを意識しておかしくなったように見える。実にいただけない話ではある。

 その後、8回表に1番石川雄洋遊撃手の左越二塁打、2番早川大輔中堅手の犠打、3番内川聖一一塁手の犠飛で同点に追い付く。7回裏から登板した牛田茂樹投手が阪神の7回と8回の攻撃を、それぞれ3人ずつで抑えている。7回裏の三者凡退がこの8回表の同点に繋がっていると見てよい。この辺は、正に「試合は投手が作る」と言える。お互い、抑え投手の藤川球児、山口俊をつぎ込んで延長戦に入る。

 試合は、城島健司捕手の本塁打で阪神がサヨナラ勝ちを収める。ここで気になるウェブ記事を見つけた。その記事は、横浜のベンチと選手との間に意思疎通が出来ていなかったことを報じている。11回裏、二死走者なしで6番城島健司捕手を迎えた。横浜は、木塚敦志投手をこの回から送り込んでいた。2ボールになったところでベンチは「敬遠」と言う指示を出していたと言う。それがマウンドの木塚敦志投手に伝わっておらず、木塚敦志投手が城島健司捕手に本塁打を打たれた。その姿を何も見ていないから何とも言いがたいが、大事な場面と見たら、作戦を相手に読まれても構わないから監督がマウンドに行ってバッテリーに意思を伝えるべきだと私は考えている。それを怠った末のサヨナラ負けだと思う。

 ウェブ記事を見て、昨年のワールドベースボールクラシックの決勝戦を思い出した。後に、ある民放テレビ局の番組で当時の韓国代表投手コーチがサインをもみ消したみたいなことを言っていた。今回、その様なことはなかったとは思うが、監督が「投手に意思が伝わっていなかった」と言うのは言い訳にならない。大事と思うなら、自らが動いて選手にその意思を伝えなければならない。サインで何とかすると言うのなら、そのサインを伝わりやすいものに変えるなどの工夫が必要となる。どちらにしても、今回はベンチのミスで試合に負けたと言える。2試合で言うのは早計に過ぎるが、「やはり、新人監督だからかな」とは思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック