伊藤友彦再登録

 湘南ベルマーレの公式サイトを見ると、2009年シーズンで現役を引退した伊藤友彦が再び選手登録されたとあった。「ゴールキーパーの負傷により」と言うのは、ベルマーレワンダーランドで姿を見なかった植村慶のことだろうか。植村慶プロデュースのカレーライスは出ていたのだけれど、最初と最後の選手紹介に彼の姿はなかった。ベルマーレのゴールキーパーは、強化指定選手の松本拓也を含めて4人だった。その後、ユースの黒沢隼が二種登録されているが、これも恐らくは伊藤友彦の再登録と理由は同じだろう。ただ、何かあったときに強化指定選手かユースの選手がベンチでは心もとない。そこで、伊藤友彦の再登録となったのだろう。これを見て、「バイエルン・ミュンヘンでも同じようなことがあったな」と思っていた。

 詳しくは覚えていなかったし、ネットで調べても詳しいことは見つからなかったが、その“現役復帰”の例はベルント・ドレーアーである。彼は、2002/2003シーズンに現役を退いた。しかし、2004/2005シーズンにバイエルン・ミュンヘンの指揮官を務めたフェリックス・マガトにより、現役に復帰している。その時も、ゴールキーパーに怪我人が出てのことだった。当時のバイエルン・ミュンヘンのゴールキーパーは、オリヴァー・カーン、ミヒャエル・レンジンクと…、あと1人を忘れてしまった。その“あと1人”が怪我をして、更に、当時は経験の少なかったミヒャエル・レンジンクでは心もとないと言うことで、ゴールキーパーコーチを務めていたベルント・ドレーアーが現役に復帰した。その後、彼は2006/2007シーズンまで選手生活を送った…と思う。この辺が、本当に記憶にない。と言うか、2004/2005シーズンだったのに驚いている。もう少し最近、実際には彼が2度目の引退をした2006/2007シーズンの出来事だと思い込んでいた。何にせよ、同じようなことが今の湘南ベルマーレにも起こっていると言える。

 昨年、怪我で1年を棒に振った金永基はどうなっているのだろうか。彼の回復状況も良くないから、今回の判断になったのだろうか。野澤洋輔が怪我をしない限り、現実的な“穴”は開かないだろうが、少し心配ではある。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

HIRON
2010年02月28日 20:09
ケガ人続出でどうなるやら・・・。
伊藤は昨日の練習試合でPKを
止めたりと、とりあえず頑張ってました。
伊藤には何とか植村、金永基が戻るまででも
頑張ってほしいですね。
2010年02月28日 22:05
HIRONさん、どうもです。
やはり、金永基も怪我なんですね。植村は前回の怪我が大きかったので、今回はどうなんでしょうか。
まあ、色々言っても仕方ないので、ベルマーレを信じましょう。

この記事へのトラックバック