酷い試合…:日本対韓国@国立(2010年2月14日)

 国立霞ヶ丘競技場で行われた、サッカー東アジア選手権の日本対韓国の試合をテレビ中継で見た。試合終了後、あまりにも頭に来ていたので録画しておいた『太一・ケンタロウの男子ごはん』を見て気分を落ち着けた。それでも、熱く何かをここに書こうと思ったが、Twitterを見ると同じような人が沢山いたので、何時もの私らしく冷静に感想を書いてみようと思う。出来ると良いけど…(苦笑)。

 日本のスタメンは、GK楢崎正剛、DF内田篤人、田中マルクス闘莉王、中澤佑二、長友佑都、MF稲本潤一、遠藤保仁、中村憲剛、大久保嘉人、玉田圭司、FW岡崎慎司。もう、冷静じゃない(笑)。玉田は、FW。でも、悪意を込めてこの様に書いておく。韓国は立ち上がりから冷静ではなかったようで、日本がボールキープに大した技術を使わなくてもファールを犯してくる。中国に0‐3で大敗したこと、宿敵(?)の日本が相手と言うことにより熱くぶつかってくる。それが、気魄よりも空回りに近い形でファールに繋がっていた。だから、流れは日本に傾いていたと思う。そして、1点目も先に日本に訪れた。前半23分、闘莉王がカン・ミンスに倒されてPKを得、それを遠藤がゴール左上に蹴りこんで先制した。解説の風間八宏氏は「良い流れで攻めていたから」と気を遣っていたが、私の目には韓国の守備があまりにも稚拙だったからこのPKが得られたようにしか見えなかった。勿論、攻めが良くなかったらもらえないから、それなりに良い流れで攻めていたとは思うけど…。

 しかし、日本も直ぐに“お返し”をしてしまう。前半33分、ゴール前で細かくパスをつなぐ韓国に後手の守備を強いられ、内田がキム・ボギョンを倒してしまい、PKを献上する。これを、イ・ドングクが決めて1‐1の同点になる。テレビカメラはスローで内田の後姿を映していたが、内田だけの責任ではない。その前から少しずつ後手に回っていき、最後はお世辞にも守備の巧いとは言えない内田にそのお鉢が回って来たに過ぎない。むしろ、こちらの方が「韓国は良い流れで攻めていたからPKをもらえた」と言えるだろう。韓国は、イ・ドングクを中心に、愚直なまでに彼にボールを預けて、そこからの展開で日本のゴールを落としいれようとしていた。サイドもよく使っていたと思うが、基本は日本のディフェンダーの嫌がる“裏”を狙っていた。その圧力に屈したのが、この失点だったとも言える。更に、韓国に追加点が入る。前半38分、イ・スンヨルの放ったシュートが中澤の背中に当たって楢崎の上を越えてゴールに吸い込まれた。これも、ボールを前に入れてゴールを狙うと言う、明確な目的が見えていたプレー。それが、日本にとってはアンラッキーにも見えるゴールとなった。この直後、闘莉王がFKで倒してきた韓国選手に報復行為と見えるような態度を見せてしまい、退場処分を受ける。逆転された上に一人欠く劣勢に追い込まれて、前半を終えた。

 私は、前線の真ん中にポイントを作ることが重要と思ったので、「選手交代で何とかするなら、岡崎に代えて平山(相太)だな」と期待していた。しかし、その期待は見事に裏切られ、大久保の負傷により途中出場していた香川真司に代わって岩政大樹を入れた。「中央にポイントがない上に、攻め手を減らしてどうするの?」と思っていたら、案の定、パスは繋がるもののゴールには近付かない状況が酷くなった。ゴール前に入っていく人がいないから、遠藤がボールを持ってもパスを出すところがなく、プレッシャーを受けて横か後ろにパスを出すしかなくなる。両サイドバックは、前線で溜め作れないから上がりにくくなっていた。それでも高い位置を保とうとはしていたので、今度はその裏を突かれる。八方塞になる上に、カウンターの脅威にも晒される悪い状況に陥っていく。そして、その韓国のカウンターから失点する。後半25分、カウンターから日本は右サイドを突破され、中央のキム・ボギョンにミドルシュートを叩き込まれて3点目を取られた。この状況になっても、岡田武史監督は玉田に代えて佐藤寿人を入れるしか手を打たない。そして、1‐3で敗戦した。

 試合を通して、韓国の守備はとても不安定だったと思う。日本がボールを持てば、特別なことをしなくても、韓国はファールを犯していた。しかし、日本が韓国のゴール前にボールを入れてこないので、PK以外の失点はしなかった。香港も、そして、優勝した中国もそれなりに嫌がっていた平山を入れていたら、何かは起こっていたかもしれない。それが私の思い込みであるのなら、百歩譲って、後ろを減らして攻撃的な選手を入れるだけでも良かった。しかし、実際はその逆だった。岡田監督は、負けているにも関わらず、攻撃の意思表示をする交代をしなかった。大会前に「優勝したい」と言っておいて、劣勢を押し返すような工夫をしなかった。この態度は、監督として失格だと思う。岡田監督が変わるか、岡田監督を代えるか。その岐路に立っていると思う。犬飼基昭日本サッカー協会会長は「この時期に代えるのは、リスクが大きすぎる」と言っているが、このままでも希望は持てないので、どうせダメなら可能性のあるリスクを冒しても良い。結局、熱くなっちゃったな(苦笑)。まあ、そんな試合だった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

おろかだ
2010年02月14日 23:28
岡田君はしかし進歩ないね。
変えて問題あるのは判るがあのままではどうせ勝てないのもハッキリしている気がするね。

態度も悪いし。潔くないな。
直前であっても英断してほしいね
2010年02月14日 23:38
おろかださん、早速のコメントを頂きまして有難う御座います。

代わりの人材を思い付きませんが、このままでは何もないと思ったので、珍しく直球に記してみました。流石に、良いところが見つけられなかったので…。

この記事へのトラックバック