子供のサッカー:広島観音対山形中央@平塚

 さて、携帯から記事を送った、高校サッカーの広島観音対山形中央の試合の感想みたいなもの。なお、2試合目の東北対尚志は次の予定があって見ていないので、感想はこちらだけ。

 試合前に大会プログラムを購入し、一応、両校のデータを見てみた。どう見ても、広島観音の方が優勢であるようだ。家に帰ってきてから知ったのだが、広島観音は昨年の覇者、広島皆実を破って広島県代表になっていた。それが即座に「強いチーム」にはならないが、少なくとも、弱いチームとは言えない。結構な力の差があったようではある。

 試合が始まると、それが如実に表れた。最初はお互いが初戦の硬さを持っていたのか、単なる“蹴り合い”をしていたが、落ち着き始めると、広島観音がサイドからの攻撃を仕掛け始める。それを、山形中央が“神守備”込みで凌ぐ。山形中央は、兎に角、1対1で勝てない。巧さは勿論、高さ、強さ、早さの全てで広島観音が山形中央を上回る。一応、早さと表現したが、速さでも上回っていた。ハッキリ言って、山形中央にアドバンテージは何一つなかった。本人たちにそれはなかっただろうが、傍から見ると“絶望的な試合”だった。私は、そのようには見ていなかったけど…。

 その理由は、広島観音が縦に早いだけのサッカーをしていたから。「落ち着き始めると、広島観音がサイドからの攻撃を仕掛け始める」と書いたが、基本は縦パスで2トップを走らせて相手の裏を狙っていた。ボールを持つと、直ぐに前線に入れてしまうので、山形中央は絶えず失点の危険性と背中合わせになるが、余計には走らされない。私は、「広島観音は巧いのだから、もう少しパスを回して山形中央の選手を守備に走らせれば良いのに…」と思っていた。広島観音は、ペースを握りながらも単調なサッカーに終始し、ゴールを奪えなかった。結局、前半は0‐0で折り返した。

 後半も、構図とペースは変わらない。1対1の強さを軸に広島観音が雨霰のようにシュートを山形中央に浴びせていく。しかし、山形中央は余計に走らされてはいなかったので、キーパーの“神守備”も含めてしっかりとゴールを守る。その様な中で、山形中央にビッグチャンスが2回訪れた。どちらも内容を良く覚えていないのだが、共にカウンターで山形中央のフォワードが、最初はディフェンダーと1対1、2回目がキーパーと1対1にまでなった。しかし、ゴールには至らなかった。ただ、2回目のチャンスはキーパーの“神守備”に遭った。この時点で私は、「サッカーの神様は山形中央には微笑まないな…」と思った。そして、後半19分、右サイドからのクロスに広島観音の11番が右足で合わせてゴールを奪い、1‐0で広島観音が勝利を収めた。

 傍目には「山形中央がよく広島観音の猛攻に耐えた」と見えただろうが、私には「広島観音が子供のサッカーをしたから、山形中央にとどめを刺すのが遅くなった」と見えた。もし、パスを繋いで山形中央の守備を揺さぶっていれば、もっと早い段階で試合を決められていたと思う。出来ないチームには見えなかったので、この“要求”は誤りではないと確信している。いずれ、彼らの世代が日本代表を担うことになる。今、ボールを繋いで相手を揺さぶることを知らなければ、先の日本代表にそれを期待できなくなる。だから、このように記しておく。ただ、ノックアウト方式の大会であり、部活でもあるから、「負ければそこで仲間との試合が終わる」となる。だから、これを言うのも酷だとは思うが…。よくも悪くも、これが“選手権”なのだろう。何にしても、初の全国大会を見られて面白かった。意外と、客の少ないことには驚いたけど(笑)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック