1月17日

 12月11日更新の『うみものらじお』を聴いていた時のこと、兵庫県の国体に使われたキャラクターの話題が出た。そのキャラクターの誕生日が1月17日であるのを聞いて、寿美菜子さんが「ああ、阪神淡路大震災があった日だから…」と呟いた。

 彼女の所属するSphereのラジオを聴いているお陰で、寿さんが神戸市の出身である事は知っていた。更に、彼女が高校生である事も知っていた。しかし、私には、その彼女と阪神淡路大震災が繋がらなかった。この地震が起きたのは、1995年1月17日。寿さんの生年月日は、1991年9月17日。Wikipediaにも載っていたが、彼女は3歳の時に被災している。神戸市でも長田区の出身だと言うから、特に人的被害の大きかった地域だったと思う。私の記憶では、この地域の当時の小学生は、PDSDの治療を受けていたと思う。3歳だと小学生ではないからその治療の対象には入っていなかったと思うが、幼い身の回りに起こった大きな地震。何の影響も受けていないとは思えない。しかし、彼女は震災を扱ったアニメの作品を見て声優を目指したのだと言う。女優の佐藤江梨子さんも、当時、Kiss-FM KOBEを聴いていて芸能界を目指したと言う。何とも、逞しい話で感心してしまう。この様に言うと、無責任に聞こえてしまうけど…。

 私は、やはり、神戸の地は平塚からは遠く、被害者にこそなっていないものの、3月20日の事件の現場の近くには居たので、そちらの記憶の方が強くなっている。友人は覚えていたが、某ニュースキャスターが神戸市の長田区の様子を見て「温泉のようだ」と言ったことも忘れていた。毎年、1月17日になると坂本龍一さんの誕生日であることと同時に、この震災のことも思い出す。しかし、時が経ったこと以上に、場所が離れていることと、直後に起こった事件のことで、何某かの関連性は切断されている。今の10代後半から20代の人の中には、その様な経験を持っている人もいる。無理に思い出すこともなさそうだが、忘れてはならない。そんなことを考えさせられた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック