『サキ』と『イリ』

 あるラジオ番組を聴いていたときのこと。話に大分県の『国東半島』が出てきた。私は、ナヴィゲーターが「くにさきはんとう」とキチンと読めたことに感心していた。何故なら、その直前に『城崎(きのさき)』を「しろさき」と読み間違えていたから。そこからこんな話。

 さて、大分県の国東半島は割と珍しい読み方をすると思う。その由来は何か、を調べてみた。『豊後国風土記』の中に「彼(そ)の見ゆるは、若(けだ)し、国の埼(さき)ならむ」と景行(けいこう)天皇と詠んだことが記されている。この場合の「国」は「豊後国」のこと。こちらの名前も景行天皇が由来となっているそうだが、この崎が豊後国の東にあるから、「さき」に「東」の文字を当てた。…と言うことらしい。最初に考えたときは、「沖縄に『西表島』があるから、大分の方言で『東』のことを『サキ』、『西』のことを『アト』とか言うのではないか」などと考えた。見事に、外れてしまった(笑)。

 沖縄の「東」と「西」は、それぞれ、「アガリ」と「イリ」と言う。太陽の昇ってくる(上がってくる)方角が「アガリ」、太陽の沈む(入っていく)方角が「イリ」となる。西表島の名の由来は、石垣島の於茂登岳が関係するとのこと。「於茂登」は「ウムトゥ」と沖縄の方言では発音するそうで、西(イリ)のウムトゥでイリウムトゥ。それが、イリオモテとなっていたのだとか。ネットで調べたにしては上出来だ(笑)。


【補足の蛇足】
 こちらもネットで調べたのだが、西表島を地図で見てみると沖縄本島よりも台湾に近い。現地に行ったことはないが、もしかしたら、晴れた日には台湾が目視出来るのかもしれない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック