遠くを見るより、足下を見ろ

 実に、納得の行かない試合だった…。

 平塚競技場で行われた、J2公式戦第22節、湘南ベルマーレ対モンテディオ山形の試合を見に行ってきた。結果は、1‐1の引き分け。一応、連敗は止まった。そんな結果よりも、その内容が実に気に入らなかった。

 この日の湘南の先発は、GK金永基、DF臼井幸平、山口貴弘、斉藤俊秀、鈴木伸貴、MF永田亮太、田村雄三、坂本紘司、アジエル、FW阿部吉朗、石原直樹の11人。リザーブは、伊藤友彦、三田光、加藤望、リンコン、三平和司。中盤の組み方が何時もと違った。通常は、左に加藤望、右にアジエルである。しかし、この日は右に永田亮太、左にアジエルを置いていた。これがまた、実に具合が良くない。アジエルは孤立し、永田は戸惑っているばかり。百害あって一利なしとまでは言わないが、それぐらい酷い状態だった。

 でも、それ以上にいけない態度を見せていたのが、センターバックの山口貴弘とボランチの田村雄三。多分、「点を取られてはいけない」とでも考えたのだろう。全ての動きが中途半端であった。ハイボールのお見合いをしたのはこの2人ではなかったと思うが、競り合いや当たり合いで変な動きを良く見せていた。こうなると、回りの選手の動きも悪くなってくる。そんな感じで、前半は進む。

 とは言え、最初に点を取ったのは湘南。前半42分。セットプレーだったかを忘れたが、ボールを奪った湘南がカウンターを仕掛け、それを石原直樹が右足で決めた。何を騒いでも、連敗中のチーム。喉から手が出るほど欲しかった先制点ではあった。でも、内容は完全に山形で、これはオマケみたいなゴールではあった。

 やはり、フットボールの神様は、それを許さない。後半3分。山形が左サイドを攻めて、あっさりと同点にしてしまう。相変わらず、遠い側のゴールでの出来事だったので詳しい事が分からなかったが(苦笑)。一応、湘南側に立ち、その湘南が連敗中だったからガッカリとはしていたのだが、内容を鑑みると、「当然の結果」と考えてもいたから、私自身の落ち込みは少なかった。

 この後は、どちらも決め手を欠いて、ドロー。個人攻撃をしても意味が無いとは思うが、やはり、この試合の戦犯は山口貴弘と田村雄三であろう。坂本紘司が湘南のホームページのインタビューに、「悪い気持ちは直ぐに伝染する」と答えていたが、見事にそれが出ていた。この2人が消極的な姿勢を見せるから、守備は不安定になり、攻撃はその機会を減らす。機会の減った攻撃は、湘南のレベルでは決め切る事は出来ない。何回か、石原直樹やアジエル、そして、阿部吉朗辺りがチャンスを得るものの、ゴールには至らない。それも当然だろう。最初の一歩が狂っているのだから。

 中3日で、お世辞にも動きが良かったとは言えない山形相手に引き分け。つい、「何時もの湘南の守備さえ出来ていれば、圧勝できたのに…」と思ってしまう。苦手山形相手に引き分けに出来た、と言う見方も出来なくはないが、私には「勝ちたいと思うがあまりに、足下がおぼつかなくなり、自滅した。ただ、ホームと言う事でフットボールの神様が引き分けと言うご褒美をくれた」としか見えなかった。まあ、悪い事ばかりを言っても仕方ないから、「とりあえず、負けなくて良かったんじゃないの」とは言っておく。


【補足の蛇足】
 今回は、何時もの座席に戻した。『何時もの座席』と言っても、自由席なんだけど(笑)。湘南と山形のゴールが、いずれも遠いサイドだったので、『何時ものジンクス』は十二分に発揮されたのだと思う。だとすると、相性の悪い山形戦、そして、相性が今一つの『御前試合』で引き分けと言うのは十分、勝ちに等しいと言えるのかもしれない。そんなに、『何時もの座席』で勝ち試合を見ている訳ではないけれど…(苦笑)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック