オリンパスラジオサーバーVJ-10

 神田神保町にある三省堂神保町本店まで出掛けて、オリンパスのラジオサーバーVJ‐10を買ってきた。昨年の10月にこのブログでも取り上げてから、ネットでこの商品の情報を調べていた。その中に、「三省堂書店に行って現物を見た」と言うものがあり、往復の電車賃の方が代引き手数料などよりも高いが、目で見るに勝るものなし、と考えて行ってきた。そして、買っちゃった(笑)。まだ、1日しか使っていないが、その感想みたいなもの。

 どうせ、一般的なものは無理だから、思いっきり個人的視点からのものにする。私がこのラジオサーバーで考えていた事は、今、パソコンで行っているICF-SW7600GRの録音をこれで代用する、であった。すると、一番、気になるのは、ライン入力で接続した時のノイズ。ミニコンポ、ビデオデッキ、R-09の3つは、ノイズが乗る。前者2つはテレビアンテナ(≒FMアンテナ)の、後者はACアダプターの影響でノイズが乗る。で、ノイズは、ラジオサーバーにFMアンテナを繋ぐと、乗ってしまう。それを繋がなければ、全くと言っていいほど乗らない。少なくとも、内蔵ハードディスクドライブとACアダプターからの影響は受けないと言っても良い。付属のオーディオコードの長さは30センチメートルほど。だから、その距離でVJ‐10とICF-SW7600GRを置いている。その距離でノイズが乗らないのだから、まあ、優秀だと思う。これで、夜中までノートパソコンを点けっ放しにしなくて済む。

 とは言え、VJ‐10でのAM受信をしない訳ではない。何故なら、内蔵の時計をAM放送のNHK第一放送の時報に合わせて調整するから。幸い、ここは放送出力が高い為、付属の脆弱なループアンテナでも、受信は出来る。今のところは、それで済まそうと思っている。ただ、興味半分でミニコンポに繋いであるミズホのループアンテナ、UZ‐77を繋いでみたところ、結構、良い感じで受信出来ていた。夜中になるとプリアンプのつまみを調整する必要があるが、昼間なら、適当な周波数(私の場合は954kHzのTBSラジオ)に合わせておけば、地元の放送局は十分に受信出来る。アンテナを外に出せば、それなりに効果は出る様だ。すると、別売りされているAN1が欲しくなるが、今のところは控えておこうかと考えている。流石に、3本目のアンテナを置く場所が無いから(笑)。尚、FMの方は、Fコネクターと同軸ケーブルを使ってテレビのアンテナに繋げば、問題なく受信出来る。神保町の店頭で付属のロッドアンテナでFM東京が受信出来ていたから、そちらでも問題は少ないと思うが、より良いのはこちらの方。結局、据え置き型なのだから…。いずれにしても、受信状態の方はもう少し使ってからでないと良く分からない。第一印象では「十分な出来の良さ」とは言える。

 さて、それ以外の話。放送局の自動設定が、結構、面倒だった。設定の作業そのものは簡単なのだが、些か、望み通りにならない。AMもFMも、地域ごとにプリセット放送局を決める。受信出来る状態にして、『自動登録』をすれば、受信状態から放送局をプリセットしてくれる。ただ、AMの方は感度の設定を間違えていたのか、NHK第一、AFN東京、ラジオ日本の3局しかセットしてくれない。後は、NHKの地方局で強く受信出来るものがズラッと並ぶ。文化放送は良いとして、TBSラジオとニッポン放送が入らなかったのは理由が良く分からない。逆に、FMの方は取り過ぎる。かまくらFM(82.8MHz)、湘南ビーチFM(78.9メガヘルツ)なども拾ってくれる。湘南ビーチFMの方は、最初、『かつしかFM』と出してきたけど(笑)。それから、NHK‐FMとFMヨコハマの中継局も登録してくれた。その辺は、削除した。そう言うところが、「些か、望み通りにならない」部分。

 次は、予約録音の話。とりあえず、土曜日の文化放送を録ってみた。『繰り返し』で登録出来るが、何故か、日付の入力を要求される。それこそ、こちらは1週間が経ってみなければ分からないが、少しだけ不安になる。登録画面を見ても、その日付は変わらない。♪超録 - パソコン長時間録音機 プロフェッショナル版と同じく、『開始日』と言う事なら良いのだけど…。その不安以外は、特に気になる点は無い。予約ボタンを押し、『予約録音』を選ぶ。すると、20件の予約一覧表が出る(一度に表示出来るのは5つ)。後は、番号を選んで内容を決める。予約名、ラジオ局、日時、音質、保存先の3つが決められる。予約名の方は入力が面倒なところもあるが、自分で分かる略称などを入れてしまえば、そう大きな手間になる事は無い。ラジオ局は、AM、FM、ライン入力の3つから選べる。日時は、『一回』と『繰り返し』が選べる。『繰り返し』を選ぶと曜日の一覧が出る。指定したい曜日に合わせて、本体パネル右にある十字になっているキーの左(左を向いた▲の付いているキー)を押すと選択、右を押すと解除になる。それで選択して真ん中にあるOKキーを押すと開始と終了の時刻の入力画面に変わる。指定した曜日に一番近い日付と、開始、終了時刻を入力する。それで登録は出来る。ビデオなどのビジュアル機器の入力と比べると、こなれていない面があるので、そちらに慣れている人は戸惑うかもしれないけど。そう難しい話ではない。

 こんなところが、最初に持った感想。まあ、1週間ぐらい使ってみないと見えてこない部分もあるから、詳しい事や気が付いた事があれば別の機会に、と言う感じになる。概ね、出来の良いもの、とは言える。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック