かまくら

 2月5日放送の『気になることば』と、2月14日配信の『ARIA The STATION Tricolore』から、こんな話…。

 2月14日配信の『ARIA The STATION Tricolore』は、アリス・キャロル役の広橋涼さんがゲストだった。この収録の行われたと思われる週の日曜日か、その前の日曜日に東京に雪が降った。それを受けて、と、リスナーからのメールで、広橋さんに「雪が降ったらどう思う?」と言う質問をしていた。広橋さんは、新潟県の出身。アイ役の水橋かおりさんが、北海道出身。アフレコの時に2人がこの話をしたそうで、お互いに、「別に…」としか思わないそうだ。二人とも、東京に出てきてそれなりの時間が経っており、毎冬に雪を見る事が減ったので、東京に雪が降った時は「うわぁ~」となるが、暫くすると、「面倒臭いな…」となってしまうそうだ。

 さて、雪と言えば、『かまくら』。雪を山の様にして、その中をくりぬいたもの。相当な雪が降らなければ、中々、作れないものだと思われる。その『かまくら』の語源を、2月5日放送の『気になることば』で紹介していた。『かまくら』とは、元々、雪で作った室の事を指すのではなく、その室の中に祭壇を供えて、神様を祀る行事そのものを指していたのだと言う。だから、語源も、神様をお招きする、『神の座』、『神座(かみくら)』が転じたものだそうだ。少なくとも、『蔵』や『倉』が元ではないらしい。ちょっとだけ、意外だった。

 この時は、珍しく、平塚でも雪が降った。芝生の上に薄っすらと白いものが見えた。が、お昼過ぎには雨に変わり、その雨によって夕方には融けてなくなってしまった。雨さえ止めば、河原の土手に行き、写真でも撮ってこようと思っていたのだが、雨は止まず、その雨によって雪は無くなってしまった(笑)。そんな、雪のお話、…って、何処が?(苦笑)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック