ジャック・オー・ランタン

 10月31日は、声優、落合祐里香さんのブログ本の発売日…でも良いんだけど、世間一般ではハロウィーンであった。ハロウィーンとは…、何だ?。その話は後にするとして、飼っているブログペットのムーグがひみつ日記で「ハロウィーン お化けかぼちゃってジャックオーランタンっていうんだって」と書いていた。「何じゃ、そりゃ」と言う前に「そんなベタな日記かい」と軽いツッコミを入れてしまった。他のペットを見てみると「Halloween トリック・オア・トリート」と言うものもあったし、全く何時もどおりにブログの書き手の記事を「読んだ」と言うものもあった。一概にパターンで決まっていると言う訳でもなさそうだった。と言う事で、ハロウィーンの話。

 ハロウィーンの事を全く知らなかったので、ウィキペディアで調べてみた。すると、「カトリックの諸聖人の日(万聖節)の前晩に行われる」とある。この諸聖人の日の旧称、『All Hallows』の『eve』である事から、『Halloween』と呼ばれる様になったそうだ。ケルト人の収穫感謝祭の風習をカトリックが取り入れた、とあるから、日本で言うと新嘗祭と意味合いは似ていそうだ。このケルト人の1年は10月31日が終わりの日だそうで、この日の夜には死者の霊が家族を尋ねたり、精霊や魔女が出てくると信じられていたから、身を守る為に仮面を被ったり魔除けの焚き火を焚いたりする。この風習の変化したものが、ジャック・マイヨールじゃなくて、「ジャック・オー・ランタン」である。31日の夜に、大きな蕪の中をくりぬきそこに火を灯した蝋燭を立てて、これを手にした子供たちが「トリック・オア・トリート」と言って各家を回りお菓子を貰う。そして、そのお菓子でハロウィーンパーティーを開いたりする。今では南瓜をくりぬいてこのジャック・オー・ランタンを作るが、これはアメリカへ渡った移民たちの間でのものだそうだ。理由は、加工しやすいから。今でも、イギリスやアイルランドでは蕪を使うと言う。

 ジャック・オー・ランタンとは、和訳すると「ランタン持ちの男」となる。ランタンはランタン、ジャックは「見知らぬ男」とか「奴」と言う意味。間のオー(O')は、良く分からない(苦笑)。アイルランド系の人の名前に良く使われている様な気はするけど、具体的にどう言う意味かまでは分からない。「けちんぼジャック」と言う男が悪魔を騙した、と言う話が関係する由来があるそうだ。この「けちんぼジャック」は、死んだ後、地獄の門に辿り着いたのだけど、悪魔との取引の為、地獄に落ちる事も出来ずに明かりを灯した蕪を持たされて暗い道をさ迷い歩き始めた。この話から、『ちょうちん(ランタン)持ちのジャック』と言う名前が付けられたそうだ。

 ハイ、短時間で調べた事を「さもありなん」と言う感じで綴ってみました(笑)。まあ、折角、設置しているブログペットだから記事のネタに使ってみた。ただ、それだけ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック