R-09

 久し振りに、ROLANDのHPを覗いてみた。特に新製品のニュースは出ていなかったが、少しだけ気になったのでR-09のページを見てみた。すると、ラインナップが増えていた。形は変わらないが、赤と白の色違いが出ていた。思いのほか、良く売れたからだろうか、色違いを出してきた。悪い話ではないが、所詮はレコーダー。色違いを出す意味が、“私には”分からないのだが…。それよりも『電池蓋』の改良をした方が良いのではないか?と思う。昨年、東京ドームでの読売対横浜の試合を観戦した時に、電池交換をしようとして本体下部にある電池蓋を開けた。ところが、蓋と本体を繋ぐ軸が外れてしまい、蓋も取れてしまった。偶々、手元にカッターナイフがあったので、その刃の薄さを利用して軸を付け直した。試合開始には間に合ったから良かった様なものの、間に合っていなかったら…、まあ、録音は諦めて試合観戦をすれば良かっただけだが(苦笑)。

 さて、もう一つニュースが出ていた。この手のものには良くある、システムプログラムのヴァージョンアップであった。私の持っているのは、ver.1.03。ページに出ていたのが、ver.1.20。この間に、ver.1.10も出ていた様だ。大きな変更点は、①鹿苑寺のファイルサイズの上限が設定出来るようになった事、②ディスプレイのレベルメーターにピークホールド機能を追加した事、③LEDインジケーター(RECとPEAK)の省電力機能を追加した事、④録音時のトラブルでファイルを再生出来なくなった時のファイルの修復機能を追加した事、⑤再生中の早送り/巻き戻しのスピードが速くなった事、の5点。ver.1.10での変更点は、①対応するSDカードの種類が増えた事、②不用意に電源が落ちない様にパワースイッチを押してから電源の落ちるまでの時間を少し長くした事、③ファイル名変更で使える文字をシーケンスさせた事、の3点である。アップデートさせてからまだそれほどは使っていないので何とも言えないが、多少は操作性が向上したと言えそうだ。電源については、「気持ち長くなったかな?」と言う程度だが…。

 これ以外の変更点は、無い。特段、録音の操作方法が変わった訳でもないし、音が良くもなっていなし悪くもなっていない。SDカードは、2GBのものを使っているし、プロみたいに十何時間も録音する訳ではないので、これ以上、大きいものを使うつもりもないし、もう一枚使うと言う事も無いだろう。それでも、アップデートしてみた。まあ、その内、『効果を感じる』事もあるだろうから。特に、何と言う事も無い話。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック