キャプテン宮本

 スポーツナビのニュースを見ると、『ヤクルト宮本がWBC代表 辞退の井口に代わり』とあった。先日、代表を辞退した井口資仁に変わって中日の荒木雅博へ出場を打診していたが断られたので、そのまた代わりにヤクルトの宮本慎也が受諾したと言うもの。まあ、アテネオリンピックの予選や本戦でキャプテンを務めた人。ある意味で、適任と言うところか。それはさておき、やはり、日本代表には『宮本』が必要らしい。

 宮本慎也。1970年11月5日生まれ。PL学園―同志社大学―プリンスホテルと言う野球経歴から1994年ドラフト2位でヤクルト入り。今年から、日本プロ野球選手会の会長も務める(で良かったはず)。アテネオリンピックではキャプテンを務め、見事、チームを銅メダルに導く。こんなところが彼の略歴だろう。さて、こんなのはどうか。1977年2月7日生まれ。大阪・生野高校から同志社大学経済学部卒業。チーム略歴は、ガンバ大阪ユースからガンバ大阪。ご存知、サッカー日本代表キャプテンの宮本恒靖の略歴。ユース育ちのようだから、サッカー経歴と学歴が一致しないが、彼もまた同志社大学卒。日本代表には、同志社卒の宮本がキャプテンとして必要なようだ。サッカーにしても、野球にしても…。

 昨年の暮れに、王ジャパンのメンバーを見て、「今回は、『キャプテン宮本』を招集しないのか」と思っていたのだが、結局、召集された。こんな事からも、日本代表に同志社卒の『キャプテン宮本』は欠かせないと言う事が分かる。まあ、実に下らない話。でも、精神的支柱として必要な人だろうから、紆余曲折があった上でとは言え、彼が代表にいるのは心強い。

この記事へのコメント

2006年01月13日 02:03
どもども~♪
いつもお世話になっております☆

アメリカ大リーグの松井選手と井口選手が辞退するという、正直ガッカリした感がありますが、宮本選手が代わりに選ばれるのは私も賛成です。
しかし、アメリカが最初に提案したという「ワールドクラシックベースボール」は、結局アメリカのご都合主義により台無しになりかけているという、実に残念な結果となりましたよね。自分が言い出して置きながら、都合が悪くなると後で選手の参加に対して消極的になるのはとても納得がいきません。

これでは、いずれ6月に迫ったサッカー・ワールドカップに話題を独占されるのは当然の流れでしょうね。WBCに対する世間の感心は薄れるばかりです。
何とも後味の悪い結果となりました。
ではでは☆
2006年01月13日 16:57
どうもです。

前にもここに書いたと思いますが、野球(ベースボール)と言う競技の性質から来るものでしょう。選手の中にどこか、「どうせ野球は世界に広がらないもの」と言う意識があるように見えてなりません。サッカーでも代表を固辞する選手はいますが、そういう人は、「年齢的にもう週2試合は出来ない」とか、「いい加減に後進に道を譲らないと…」などの代替わり、年齢の問題と言うのがその全てをしめます。それとは明らかに違いますからね、今回の辞退は。

それでも、私は楽しみにしています。どう転ぶかは分かりませんが、一応、最初の大会で、オールスターになる訳ですから。ダメだ、ダメだでは前に進みませんからね。

この記事へのトラックバック

  • 日本人野球選手の大いなる勘違い

    Excerpt: 『日々日常』本サイト 人気blogランキングへ (以下引用) 『ラソーダ氏、松井、井口を痛烈批判』 3月に開催されるワールドベースボールクラシック(WBC)のプロモーションで来日し.. Weblog: 『日々日常』~ブログページ racked: 2006-01-13 10:10
  • 辞退者続くWBC 慎也さん代表へ!

    Excerpt: やっぱり・・っていうか結局、そう来たか!スポナビ記事参照!公式HP記事からコメント抜粋。12日、今年3月に開催される国別対抗戦「ワールドベースボールクラッシック(WBC)」の日本代表メンバ.. Weblog: Cocktail-light racked: 2006-01-14 14:42